デジタルスクラップブッキングの醍醐味は、
なんといっても、写真を加工できること
そして、写真をクロップする時ねらったターゲットに写真をフォーカスできることでしょうか

idea challenge chirstmas
このページは、同じ写真を2枚ずつ使い、色を変えてみました。

トラディッショナルだと
写真をクロップする時に
自分のねらった大きさに写真をきったりする時、画像がねらったアングルにならない時もあります
(まぁ、素人が取る写真だから「クロップする時」のことを考えてなんてしませんよね)

layout.jpg
このページは、もともとのパターンペーパーの色合いも、エンバラシメントの色合いも違います。
女の子用のピンク系のエンバラシメントを、加工してちょっと男の子でも使えるようにしてみました。

円形にきった写真も、ねらった場所に人物が来るように加工しています。

フォーマットで立体に見えるように、写真やエンバラシメントにも影が作れるようになっているので、トラディッショナルに近い感じで仕上がります。



なんと言っても、トラディッショナルは使ったパターンペーパーやエンバラシメント、アルファベットシールは買い足さないといけませんが、デジタルは一度買ったら半永久的に使えるのが経済的でいいのです。

しかし、このCMのデジタルソフト
日本語機能が使えない。

トラディッショナルもアルファベットシールはあるけれど日本語シールはないですよね
(まぁ、漢字、カタカナなども組み合わせるとシールの数は天文学的数になるのではないでしょうか?)


私の願いは、いまのCMのデジタルソフトに日本語機能がついてきてくれることです

ジャーナル枠も日本語が使えない
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
スポンサーサイト

コンサルタントになぜならないか(なれないか)

スクラップブッキング歴

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。